BMW330ci に要石25を付ける

■ BMW330ci に要石25を付ける

  

さて、どこに付けるか ?

しばし、思案

バッテリー横にボディーのフレームが露出しているので
そこに置けそう !

ひとまず、バッテリーからケーブルを外して要石25のケーブルを接続する。

バッテリーからケーブルを外す時はマイナスから外すのである。
これは常識なんだけど、知らない人が意外と多い。
プラスから外すと危険なので注意したい。

これ常識 !!!

ボディーのフレームに直接当たるように要石25の本体を置き固定した。

この直接と云うのがミソである。
要石25は振動を利用して効果を高める為、クルマの振動が必要だ。

バッテリー上のプラスティック部分でも意外と硬いので大丈夫かな ?
と思ったがGe3値を測ってみると意外に差が大きかった。

 115p バッテリーの上
 122p フレームに直接

要石25に巻いてあるのは耐熱シートで滑り止めの心算で巻いた。
本体は直接フレームの上に乗っている。

 

なかなか収まり良くできたが、
それでも元のカバーはハマらなくなってしまった。 (^_^;)

装着後の変化は、クルマが一回り硬くなった感じがする。
ゴツゴツすると云う訳ではないが、しっかりした感じなのである。
どうやらサスペンションの初期挙動がスムーズになったから、
そう感じるようである。
それとオーディオの半端じゃない程良くなった。
「残念!」だと思っていた演奏も「上手いジャン」って思える程だ。

作業を見守るギャラリーが3匹。
ボンネットにも1匹いるのだ。 (^_^;)

 

コメントをどうぞ

(必須)

コメントに日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)