もあれプラチナPlusの本気塗り!その1

Kata@長野さんの「もあれプラチナPlus」による
カーチューンの投稿をBBSから転載します。

 

『もあれプラチナPLUS』 投稿日:2016.09.08
 

Kata@長野さん(以下、Kさん):

「速瀬2」がとても良く効いた事に気を良くして、
「もあれプラチナPLUS」の本気塗り(w)をやってみました。

これまではバッテリー端子の上から塗っていただけだったのですが、
今回は端子を一旦外し、導電性グリスを拭き取ってから塗布してみました。

再塗布後の車の変化はというと・・・
車体がシャキッとして剛性感が増しましたw。新車の時に戻ったみたいです。

車体が固くなったせいでしょうか、ロードノイズの音量が下がり、
これまでより遠くからノイズが聞こえて来るような感じで、不思議な違和感があります。
新車の時に一気にフルチューンした際の、
不思議な違和感の原因はこれだったのかもしれません。

車体がシャキッとしたのは良いのですが、
乗り心地も新車の頃の硬さに戻ってしまい、少々困っていますw。
といっても、数々のGe3チューンによって、衝撃の角は見事に取れています。
新車の時が「ガツ、ガツ」で、今は「ドン、ドン」といった感じです。

「もあれプラチナPLUS」をショックアブソーバーの
取り付け部に塗ったらどうなるかな〜?試行錯誤してみますw。

 

〜翌日〜

今日になって足回りのしなやかさが戻ってきましたw。
ロードノイズは静かになったままw。トレーニングだったのかな〜?

過去記事によると「もあれプラチナPLUS」を塗ると
車体の強度が上がるのは静電気のせいみたいですが、
静電気がうまく流れずに金属が帯電してしまうと
金属が柔らかくなったりするのでしょうか?(大発見だったりして?w)

明日、ショックや車体のアース端子にも塗ってみよっとw。

 

きさ:静電気は金属の剛性には関係ないと思いますが、
   ゴムの性質には密接な関係があります。
   多分、その関係だと思います。

 

Kさん:ゴムの帯電量の変化が原因なのですね。
    (そういえば、以前どこかでお聞きしていましたw)

    ゴムは帯電すると柔らかくなるのでしょうか?それとも固くなる?
    ググッても出てきませんでした。ぜひ知りたいです〜w。
    よろしくお願いします。

 

きさ:静電気は「硬い、柔らかい」どちらへも影響しているみたいです。
   それを添加物でコントロールしようとしたのが
   従来の考えから考えると分かりやすいかも…です。
   ゴムの分子構造の90%くらいは格子状に成っていて、
   そのうちテトラ構造は2%みたいです。
   つまり筋交いが極端に少ない訳ですw。
   そこで筋交いの役目を静電気がしているようです。

   オイルの粘性なども温度だけの問題ではなく静電気が関係しているようです。
   「要石」や「もあれプラチナ+」が
   クルマの乗り心地に影響を与える要因だと考えています。

 

Kさん:>静電気は「硬い、柔らかい」どちらへも影響しているみたいです。
    >ゴムの分子構造の90%くらいは格子状に成っていて、
     そのうちテトラ構造は2%みたいです。

    相変わらず「静電気」は奥深いですね。私のような単純脳では把握しきれませんw。
 

    >そこで筋交いの役目を静電気がしているようです。

    ということは、静電気が少なくなるとゴムの中の筋交いが減って柔らかくなる??

    車の足回りに使用されているゴムパーツは、
    当然、所定の弾性を持つ物質として用いられているのでしょうから、
    それが柔らかくなりすぎても設計の意図から外れて
    車の挙動が不安定になりそうです。

    最適な帯電率ってあるのかな〜?人柱実験しかないですねw。
    探索ありがとうございましたw。
 

その2に続く)

コメントをどうぞ

(必須)

コメントに日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)