911(997) vs Boxster(986) 〜その一

別に、峠で対決した!というわけではないですが・・・(^・^;
松べーさんにコメントをもらって、911をきさがどう感じているのか
知りたくなって急遽インタビュー記事をまとめました!

 

きさ:hayaさんの911に乗って、僕が今回一番印象的だったのは、
   ラグジュアリー感やね。

りこ:やっぱり、そうですか・・・

きさ:軽さっていうキーワードは全く感じなかった。

りこ:うん、それはなかったですね。
   でも軽さはないけど、ストレスも、もたつきもないって言うのはスゴイ。

きさ:あの911はラグジュアリーカーを上手に追求したね。

りこ:はい、ゴージャスな感じがしました。
   ただ、足の踏ん張り方っていうか、タイヤのグリップ感とかはボクスターと
   さして変わらない印象だったのが意外でした。
   ライトウエイトのボクスターと、ゴージャスなラグジュアリー感を求めた
   911との違いって?

きさ:ボクスターは、ライトウエイトって言うほどライトじゃないとは思うねん。
   ライトウエイトって言うたら、やっぱりエリーゼとか・・・

りこ:スーパーセブン?

きさ:アレはレーシングカーや。

りこ:マツダロードスター?

きさ:うん、あんなクルマをライトウエイトっていうねん。
   ピョンピョン走って、ぶん回した時に面白いクルマね。
   ボクスターはそこそこの値段で、本格的なスポーツカーを作ろうとしたんでしょ。
   そこそこって言っても600万、800万の世界やけどね。

   911は・・・昔は違うかったけど、今の911はゴージャス路線やと思う。
   外の音とか振動とか一切気にならない。

りこ:あ、そうだワ。

 

 

きさ:ドアも厚いしね、「どんっ」って閉まって、閉めたら外の音も聞こえないし。
   感覚的にドアの厚みはボクスターの倍くらいかな。
   エンジンの置き場所もボクスターよりは遠いしね。
   でも、乗り心地に関しては、限度は超えてないような気がするね。

りこ:限度を越える?

きさ:スポーツカーから離れたっていうことは無いってこと。

りこ:走る楽しさみたいなものは置いてあるってこと?

きさ:うん、それに関してはポルシェの好きな走り方に近いと思うよ。

りこ:あ、それで!
   重量感は感じても、走りに対しては大きな違いを感じなかったのはそこなんですかね?

きさ:うん、だからあの911は上手に作ってあるんやなぁって思った。
   完全に毛皮で作ったコートみたいに綺麗ねん。

りこ:(笑)

きさ:すんごいねんけど軽いねん。

りこ:そうですね、フットワークは軽快でしたもんね。

きさ:だから、どうごまかしたのか、チューンしたんか知らんねんけど、
   そういうのはよくできてるなと思ったね。

りこ:いわゆるラグジュアリーなクルマにありがちな、もたつきが無かった。
   非常にスッキリシャッキリ走ったはる。

きさ:うん、ぜんっぜんない。

りこ:ストレスが全ッ然無いもん。

きさ:だから、スポーツカーの枠からは全然はみ出してないと思う。
   スポーツカーって何かということはね・・・
   そもそもライトウエイトスポーツっていうのが作られた時代、
   スーパーセブンが出来た時代ね。
   それがレーシングカーとしてレースに出てた時代に確立された世界やと思うねん。

   軽くてしっかりしたシャーシに、でかいエンジン積んで、ぶん回したら面白いやろって。
   要するに4輪のバイクやね、もう跨いで走ってる世界やねん。

   跨いで走ってるのに、どんくさかったらイヤやん、痒いとこに手が届かない!
   みたいになるから、それはちゃんとわきまえてるんやろうな、ポルシェは。
   それもラグジュアリーな世界でね。
   だからスポーツカーってハンコは押せると思う。
   でもどちらかと言えば、レーシングカーの魂を残したスポーツカーやね。

   で、フェラーリはレーシングカーを忘れそうやね。

りこ:ふんふん、

 

 

きさ:スポーツはスポーツなんだけど、足回りもしっかりしてるけど、
   確かによくできてるけど、やっぱりちょっと重すぎると思う。

りこ:はぁー・・・それはラグジュアリー路線を向いてしまったがためにってこと?

きさ:うん、だからポルシェよりはもうちょっとラグジュアリー感が強い。
   脱いだらスゴイねんで!って言うのを残してるのがポルシェ。

りこ:爆笑

きさ:もう無くなってるねんけど、脂身がいっぱいついててスゴイねんけど、
   ポルシェはまだちょっと未練がましいねん。

   それで、ラグジュアリーな世界に突っ走って、未練がましくないのが
   フェラーリちゃうかな。

りこ:潔く、スポーツカーはもういい!と・・・
   とことんラグジュアリーでいきましょう!と。

きさ:「でも速いよ」っていうのはやってるけどね。
   それでも、コーナーをこんだけで突っ込めるか!?っていうのは無理でしょ。
   あんなクルマで突っ込んだら、道路がコワれる。

りこ:(笑)

きさ:もう、それくらい重たい。

りこ:そんなに重いかなぁ・・・
   乗らなかったからわかんない。

きさ:なんで?!
   6000ccの12気筒エンジンやで!

りこ:そら、重い。(笑)

きさ:重いよ(笑)

   まあフェラーリはスゴイなとは思うけどね。
   でも日常的に取り回すのはやっぱりでかすぎるかなぁ。
   ただ、ポルシェでも、今のはちょっと持て余すかもしれないね。

りこ:ワタシはhayaさんの911に乗せてもらっただけで、もう無理!ッて思いましたから。
   買えないけど。(^・^;

   水冷の初期モデルとかだったら、まだなんとか運転できるかもしれないけど、
   hayaさんの911みたいに、あそこまで重量感があると運転する自信がない r(^・^;

 

 

きさ:僕が乗ってたモデル(964)とはぜんぜん違う。

りこ:うん!ぜんぜんちがいます。

きさ:964はゴージャス感ないもん。
   あの頃のポルシェはロータスに近いもん。

りこ:うん、近い。ホントに走る楽しさだけを追求しました的な。

きさ:ゴージャス感で言えば、今のポルシェはフェラーリに全然負けてないんと違うかな。
   絢爛豪華っていう世界はスゴイで。

りこ:だって、今エンジン見えないですもん、911。
   ディーラーの営業さんが隠してますって言ってはったもん。

きさ:何でかね?
   でも大きいから、ゲゲゲチューンはいっぱい詰めるとこあるけど。
   アンタのはほとんど無いもん。

りこ:(笑)

 

My Boxster Shelly:2004 Porsche BoxsterS 986 Silver(2013/7-)
My Mustang Vanilla:2007 Mustang V6 Convertible Red(2010/1-2013/6)

コメント 2 件

haya@千葉 より:

カレラ4、も少しコンパクトだといいですけどね。^^;

> もう無理!ッて思いましたから。

マスタングに乗ってたんだから、大丈夫ですよ!

rico より:

hayaさん!
でも、あの重量感は心地よかったです♪

マスタングーー!!
ポニーカーってクルマの中では独特なカテゴリーだと思います。
だから乗れたのかも・・・
今から思うと、色んな意味で怖いもの知らずでしたね「(。>ω<。)

コメントをどうぞ

(必須)

コメントに日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)