イグニッションコイルに、Qミルフィーユチップ


車検時に交換したイグニッションコイルに同じように貼ってみたところ

 

イグニッションコイルにQミルフィーユチップを貼りたいなーと思っていたところ、
Shelly(Myボクスター)の点検でAutowegさんへ行く事になったので、
作業する場所をお借り出来るかどうか、お願いしてみたら・・・

「いいですよ♪」と、なんとリフトアップまでしてもらえました!
いつもありがとうございます。人(≧∇≦)シアワセー

 

が、イグニッションコイルは通常70度〜80度くらい熱くなるので
Qミルフィーユの両面テープで大丈夫かな?ということに。

ボクスターは水平対向エンジンなので、イグニッションコイルは地面と水平。
なので接着剤が溶けちゃうとポロッと落ちる可能性が・・・
落ちたとしても地面に落下するだけやけど。(T . T)

 

ま、とにかく貼ってみようということで貼ってみた。


エンジン(右側)を下から覗いたところ♪ 6気筒なので3個ずつ貼り付ける。(こちらは左側かな) 

 

この時点で25kmは走ってるから、エンジンは結構熱かったけど
思ったよりしっかり貼れたからヨシとしよう。

 

で、帰りは高速を走って帰ることにした。
 

な ん  だ  コ  レ  !!

トルクが太くなるってこういうこと!?

 

アクセルを踏み込んだ時の押し出し感が違う!

樹齢10年の丸太で押されてたのが樹齢100年になったみたいな。
点で押されていたのが、面になったみたいな。。

 

あと、いくらボクスターといえども、
4〜5速で高速の合流や追い越しで加速するときに
爆発力の物足りなさを感じていた。
踏み込んでからスピードが乗るまでに意外とタイムラグがあった。

1速落として踏み込めば、ドビュン!なんだけど、
タイヤが減るからあまりしないことにしてるし。(^・^;

 

でも、Qミルフィーユを貼ったあとは、4速でも5速からでも
アクセルの踏み代に反応して、どんどんスピードに乗っていく。
エンジンも軽い!

 

これ、やばい。。

 

クルマが「もっと踏んでみ♪」って煽ってる!

高速降りるの忘れそう。。
 

アイドリングの時(600〜800回転くらい)は
いつもよりエンジンの振動も激しいし、音も低いというか
太くなったような感じがする。

走るとさらにエンジンの震えを感じて存在感も増し
「あー、後ろにいるんだー」と嬉しくなってしまう。

 

あかん、楽しすぎ。。

 

貼ったQミルフィーユはこんなに小さいのに・・・

 

またタイヤ減りそう・・・(ノ ̄ー ̄)ノ

 

 

My Boxster Shelly:2004 Porsche BoxsterS 986 Silver(2013/7-)
My Mustang Vanilla:2007 Mustang V6 Convertible Red(2010/1-2013/6)

コメント 6 件

hisa@福岡 より:

最後の一言が笑えました・・・安全運転でいきまっしょい! ^^

きさ より:

貼ってる人、何人くらい居てはるのかなぁ…
写真やレポートを送ってくれたら特集するけどね。
「すでに送った人も送ったよ!」と教えて下さい。
忘れてる可能性が大きいです。^^;

rico より:

hisaさん♪
笑っていただけましたか!?本望でございます〜
昨日走りに行って、調子に乗って、夜に道路工事のパイロンに突っ込みかけ・・・
タイヤがちょこっと欠けました。
念のため週末タイヤショップに行ってきます。r(^・^;

rico より:

ワタシもこのブログを書く時に、確かレビューがアップされていたはず・・・と、
紹介したいと思ってレビューとBBSを検索してみたところ、
見当たらなかったのです。。(^・^;
Qミルフィーユ祭りしたいですねー(#^.^#)

hisa@福岡 より:

取り付けるのもできそうなので、早速購入いたしました。
また楽しみができました・・・^^

rico より:

hisaさんっ!ありがとうございます☆
本日発送完了しました/(^-^)
ご感想楽しみにお待ちしていますね!

コメントをどうぞ

(必須)

コメントに日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)