フラッシングについて… Ge3的うんちく

■ フラッシングについて Ge3的うんちく

OILの交換をするときに必ず「フラッシングをしませんか?」
と店員さんから尋ねられる。
「いりません」と言うと『クルマを大事にしない人』的な視線を感じるのだが、
私の思い過ごしだろうか?^^;

大手のカー用品店では良くある普通の光景だと思うが、
改めて「フラッシングの意味と効果」を探索してみた。

一般に期待されている効果とは…

OILが古くなったら交換する訳だが、
「エンジン内部には汚れがコビリ付いているので、
フラッシングOILで汚れを洗い落としてからOILを変えた方が、
より汚れが少なくなってクルマに良い」
みたいな事がその理由だと思うのだが…本当なの?

前々から疑問に思ってた事が2つあって

1.フラッシングが必要なほどエンジンは汚れているのか?
2.そしてフラッシングで、その汚れは本当に取れるのか?

この2つの疑問を調べてみた。

● 調べたのはOILの交換方法につてだ。

1.エンジンの上からポンプで古いOILを抜いて交換
2.エンジン下のドレンからOILを抜いて交換
     ※雑誌や整備士がよく薦める方法である。
3.フラッシングOILで指定の距離を走ってからOILを交換した場合

探索の条件としては、普通車を指定のOILで走行して10000Km走行後にOIL交換すると仮定して調べた

119.6pz 上からOILを抜いて交換
119.7pz 下からOILを交換
119.8pz フラッシング後にOIL交換

何だ、雑誌やクルマ屋さん、大手のカー用品店が言う程の差は無いジャン!(笑)
どうやらOIL専門店が云うように気持ちの問題程度の話みたいだ。

Ge3的には…

1.フラッシングの効果はあまり期待できない。
2.それよりも最適なOILに交換することの方が大事。

ということです。

● Ge3ではそれぞれのクルマには最適なOILがあるらしいということ。
● 添加剤の”大魔神”や”OIL+”を使うと、よりエンジンの性能を向上が可能。
● そして寿命も伸せる。
などの情報を発信しています。

大切なクルマであればあるほど、これらの添加剤は必須です。
反面、OILの交換は3万kmで良いとか、一見非常識にも思える情報もありますが、
これらは、クルマのためには「その方が良い」との探索の結果を伝えているだけです

「超高性能なOILを長寿命化して永く使うと、クルマは長寿命になる」
これが最重要な情報です。

OILフィルター毎回交換するのは当然です。洗っても駄目です。(爆)
 

 

コメントをどうぞ

(必須)

コメントに日本語が含まれない投稿は無視されます。(スパム対策)