マスダンパー

地球独楽・弐についての質問が多くなってきた。

 

 

 「クルマの前後に貼り付けるだけで、

 振動モードをSクラスに似たモードにチューニングする。

 結果、乗り心地と性能が向上する。」

 

 

だなんて殆どの人は信じないだろう。
眉唾話だと捨て去られているのがオチである。

 

 

 

 「Ge3は意外に理屈っぽいんだぞ!」

と方々で叫んではいるのだがまだまだ信用が無いのが現実だ。

 

 

 

で、
地球独楽に似た原理を応用したモノは無いものかと探していたら、
マサさんからマスダンパーの話を聞いた。

数年前、F1でチト話題になり、禁止になったアレである。
禁止にはなったが、実際には形を変えてどの車種にも組み込まれているらしい。

つまりマスダンパーはレースに効くのである。

 重しとバネの組み合わせを最適な場所に取り付けて、
ボディーの不要な振動を減らそうと言うモノであるが、
公開版の地球独楽の目的が、
正にマスダンパーそのものである。

 

 

他には、最新の高層ビルにはマスダンパーが必須となっている。
いわゆる耐震、免震のためのアレである。
高層ビル用なので、当然巨大なモノである。
写真は台北101ビルに設置されているマスダンパーである。   

 

台北101ビルのマスダンパー   台北101ビルのマスダンパー

660トンの球体で直接92階から吊るしているそうである。 

 

 

公開版地球独楽の原理は質量を利用したマスダンパーそのものであるが、
地球独楽・弐質量を利用してはいない

 

あまりにゲゲゲな為に理解しにくいが、
実は”大黒アゲハ”の延長線上にある。

 

地球独楽・弐の原理で高層ビル用のモノを作ったら売れるかな?(爆)

   

現在コメントは受け付けていません。