雷智3のはなし

鶴@Ge3です。
ユーザーさんからこんな喜びの声と質問がありました。

 

 

 

雷智3をクルマにつけてみました!すっごくいい!!バッテリーにつけたらすこぶる宜しいです。Audioの中高音が綺麗になるし、アイドリングが滑らかに、回転も上がるみたい。フューエルパイプにつけてもギアシフトの位置が200回転ほどあがります。でも気になるのが、僕の車のフューエルパイプの方につけたら、ステアリングの動きがオーバーダンプになる。ぴょんぴょん跳ねる感じが気になるんだよね。FFの特徴がもろにでる。元からそういうクルマではあるんだけど、エンジンが良くなるのはわかるのに、全体のバランスが崩れたようになるのはなんでかな?」

 

 

 

…というわけで、クルマ担当の
まさ@Ge3に確認してみました。



「雷智3は、わかりやすくいえば、電気系に装着すればコンデンサキャパシタ、ガソリン系に装着すればコレクタータンクような働きをすると考えてもいいよ。要石が量じゃなくて超ハイスピード部分を処理するように、雷智3も量じゃなくて、超ハイスピードでエネルギーを供給するのを補助するんだよ」
ということ、

 

 

 

それから上記のユーザーさんの質問に関しては、
「雷智3vsクルマのトレーニング不足だろう」
ということでした。


 

 

 

トレーニングの方法は大きく2つ有ります。

 

 

 

(1)時間経過を待つ
クルマの多様性がありますので一概にはいえないのですが、雷智3をつけて大体4日くらい待ってみてください。

 

 

 

(2)リセットする
雷智3を装着してバッテリーを1回外し、20分くらいおいてからもう一回つけ、アイドリングを30分位すれば、コンピュータの学習機能が雷智3のついた状態にあわせて進みます。

 

 

 

本当にお勧めしたいのは(2)なのですが、最近のクルマは、カーナビの設定やAudioの設定があるので…(1)のほうが楽ちんです。(1)でも充分ですが、気になる方は(2)をしてみて下さい。

Audio機器も、クルマも、「機器」という観点から見ると、
トレーニングは必要不可欠な項目なようです。

トレーニングについては下記を参照下さい。

トレーニングについて

現在コメントは受け付けていません。