施工例
トップ  >  Project Q(各種)  >  OPEL アストラカブリオレ(エンジンルーム編)

OPEL アストラカブリオレ(エンジンルーム編)

足回りの剛性をUPするために、エンジン・ルームにあるサスペンションの取り付け部に貼りました。

▼その後の感想(2003.06.26)
本当はこのように1枚で貼るよりも、3つか4つに切って均等に貼った方が良いですね。

※このページの貼り方は実験のため、かなり贅沢にProjectQを使っています。
実際はこれほど貼らなくても十分な効果を期待できると思います。

 

ブレーキのバキューム装置に貼りました。
これは判り安いですね。
ブレーキの補助能力に余裕が期待できます。

▼その後の感想(2003.06.26)
ガツンと効きますよ! \(^o^)

 

軟弱なステアリングだと不安ですよね。
ステアリングの剛性は高い方が安心できます。
ステアリング・シャフトとギアーボックス、そしてステアリング・バーに貼りました。

▼その後の感想(2003.06.26)
がっしりとした剛性感でしっかり感じです。
直進性もベンツほどの直進大王ではありませんが、直進王子くらいにはなっています。

 

プラグの周辺に貼りました。
プラグの点火効率を高めます。
低速、高速ともトルクアップした気がします。

▼その後の感想(2003.06.26)
急な坂道発進でも頑張りますよ。

 

燃料噴射系にProjectQを貼ると、燃料の粒子が細かくなりと空気との混合が理想的な状態に近づきます。

右奥に見えるのがステアリングのギアボックスです。

 

ラジエターの上部、ボディーに貼りました。
車体の剛性感を上げるためです。

 

エンジンルーム全景です。
こう見ると色々貼りましたね。

 

ボディ編もご覧下さい。

 

前
OPEL アストラカブリオレ(ボディ編)
カテゴリートップ
Project Q(各種)
次
スタッドレスタイヤにProjectQを塗布

レビュー随時募集しています!投稿下さった方には、ささやかなプレゼントをお送りします。(*^_^*)

レビュー大募集!

ご質問・ご感想はお気軽にBBSへどうぞ

レビュー投稿

きさへの問合せ

自分のクルマでじっくりお試しください

関連サイト

Ge3総合サイト
Ge3 - Audio
Ge3 - Life
120倶楽部